ぱわーすぽっと in the Earth

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉江ノ島七福神巡りその4〜宝戒寺(毘沙門天様)/妙隆寺(寿老人様)

<<   作成日時 : 2007/05/12 14:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

鶴岡八幡宮を出ると、小町通りには出ないですぐ左折します。
かなり細い道なので、車が近くを通り過ぎていくとちょっと怖いです。

そのまま突き当たりまで行くと、宝戒寺があります。


画像


修学旅行の小学生がたくさん来ていました。
ちなみに鎌倉江ノ島七福神の祀られているところには、
いつもこの白地に黒字で七福神と書かれた旗が立っていますので、
目印にしてくださいね。


【毘沙門天様】


北条氏ゆかりのお寺です。
本尊の左手に毘沙門天が祀られています。
仏教の四天王の一人で、病魔退散、財宝富貴の福神です。


入ると目の前に本殿があります。
画像



ご朱印を押してもらう方は、靴を脱いで中に入ります。
正面には本尊地蔵菩薩坐像(国重文)がいらして、
その左に毘沙門天様が安置されていますので、必ずご挨拶してくださいね〜

こちらのお寺は、かつて執権を務めた北条氏の屋敷だったといわれていて、
建武2年(1335)、滅亡した北条氏の霊を弔うため、
後醍醐天皇が足利尊氏に命じてこの地に寺を建立させた。

と、お寺の縁起にありました。

鎌倉はスパンと抜けたパワースポットがあまりないのですが、
こうして歴史的なものを見ると、陰陽入り混じっているパワーの理由が
よくわかるなぁと思います。

古都は歴史が長い分、たくさんの人々の喜びも悲しみも
たくさん飲み込んできているからなのでしょうね。


画像


仏像の皆様はほんとうにパワーも強くて、ご利益がありそう、という気持ちになるのですが、
特に強いパワーをあまり感じないまま宝戒寺をあとにしました。

お寺を出て、道を左にどこまでも歩いていきます。
平日の午前中のためか、観光客の方はほとんどいなくて、ゴミ収集車も走っていたりと、すっかり住宅街な空気が漂っています。

5分ほど歩くとすぐに妙隆寺がありました。

ここはほんとうに住宅地にポツンとあるのですが、結構気がきれいでした。

↓かならず七福神の旗が立っております。
画像



お寺の中はあかるくて居心地は悪くないのですが、かなり狭かったです。
そして、ご朱印を押してもらおうと何度も呼び鈴を押したのですが、
今日はまさかお休みなの?と一瞬思ってしまうほど、だあれも出てきてくれませんでした(汗)

しばらくしたら奥から男性がひとり出てきてくれましたが。


【寿老人様】


「鍋かんむり日親」と呼ばれた傑僧・日親上人ゆかりの妙隆寺。
欅一本造りの寿老人尊像が祀られています。
人々の安全と健康を守り、長寿を司る福神です。


こちらには寿老人様がいらっしゃるのですが、欅一本造りの像のほうは、外がまぶしかったせいか、中が暗くてよく見えませんでした(汗)
↓この中にいらっしゃいます。
画像


私はこのお寺の中でもっともつよーーいパワーを出していたのは
こちらの石の像の寿老人さんのほうかなぁって思いました。
たぶん昔からあるものじゃないんだろうけど、
とてもリアルに生きているような気を出してくださっていました。
画像


※ 写真も記事も無断転載禁止。
転載される場合はご一報ください。


↓妙に元気な寿老人様にお会いしたくなった方はぽちっとお願いします〜♪
精神世界 ランキング


↓その3へ戻る
http://kazue-powerspot.at.webry.info/200705/article_4.html
↓その5へ進む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉江ノ島七福神巡りその4〜宝戒寺(毘沙門天様)/妙隆寺(寿老人様) ぱわーすぽっと in the Earth/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる