ぱわーすぽっと in the Earth

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉と江ノ島を巡る旅その5〜長谷寺

<<   作成日時 : 2007/01/24 11:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

成就院を出ると目の前が海でした。
ほんとうは極楽寺駅まで戻って江ノ島に向かう予定でしたが、
そのまま道なりに歩いてきたくなり、ふらふらと人の波に従って極楽寺切通を歩いていくと、
どうやらその先に鎌倉の大仏さんがいるらしいので目的地変更〜。

途中に気になる場所がいくつかありました。

◆虚空蔵堂菩薩像

この菩薩は『日本三虚空蔵』のうちの一体で大変貴重な仏像であります。
虚空がすべてのものを含蔵するように 無量の福徳と知恵をそなえ、常に人々にこれを与え、願いごとを満足せしめ下さる仏様とのことで
↓ここからコピー

http://www.kcn-net.org/senior/tsushin/ttemple/y05/0503taka/kokuzou.htm

うわ、この説明読んだらとても見たい、見たいわ(涙)

毎年一月・五月・九月の十三日に開帳し「護摩供養」をとり行っております。

とあるので、次回はそのとき行きたいです。

続いて、鎌倉十井のひとつ、『星月夜の井(ほしずきよるのい)』があります。
「昔はこの井戸の中に、昼でも星の影が見えたのでこの名が付けられた。 ある日、近所の人が誤って包丁を井戸の中に落としたので、このとき以来星影が見えなくなりました。」

と言い伝えられているようで、ロマンチックなはずなのですが、なんとなくどんよりしていて、
ここもあまりパワースポット的な空気ではありませんでした。

鎌倉全体の印象として、すこーんと抜けている場所もあるのに、
通りとか建物の隅や通路などにどよっとした気が滞っているのは
歴史が古いことと、戦いが多かったことが原因なのでしょうか?

(京都に似ているなぁと思ったので、やはり古都特有のものかもしれないですね)


ということで途中の御霊神社も気になりつつさらに進みます。
しかし、大仏様のある高徳院までは相当の距離があり、
かなり疲労してきたため、たまたまそこにあった長谷寺に入って鎌倉を去ることにしました。

そう、私たち、事前にあんまりチェックしなかったので
長谷寺がもっとも有名スポットのひとつと知らないで入ったのです(笑)

長谷寺のサイト↓
http://www.hasedera.or.jp/

入ってみてその広さと美しさに感動し、
さてどこから回ろうかと、入り口でもらったうちわの地図を眺めます。

先ほど浄智寺で弁天様に会っていた事もあり、まずは右奥にある弁天窟へむかいます。

長谷寺気持ちいです、八幡宮に続いてかなりのパワースポットと思われます。

受付の目の前に池があり、そこにきれいなあやめがいっぱい咲いていました↓
画像


弁天窟に行く途中にもいくつも気のいい場所があったのですが、
強いパワーを発して浄化してくださっている石像を発見しました。
その名も眼力不動明王様

ここでもお会いできてうれしいです(涙)↓

画像


弁天窟の前には空海が彫ったと言われている八臂の弁財天をお祀りする弁天堂があったそうなのですが、私の目には映りませんでした(笑)

あとから知ったのですが、洞窟の中に空海が籠っていたという伝承や、
中にある像こそ空海が彫ったもの、という言い伝えもあるそうで、
私としてはこの洞窟こそが空海がらみの本当のパワースポットのように感じました。

弁天窟はその名の通り洞窟です。
なんとなく、イエスがなくなった後洞窟で過ごしたというマグダラのマリアを連想してしまう私。
洞窟は結構嫌いじゃない(中で絵を描きたくなるのは何故?笑)

↓この赤い鳥居をくぐると自由に洞窟の中に入れます。
画像


入り口でろうそくを買うことが出来ます。

薄暗くて中でかがまなければならず、
こ、ここは産道??
といった胎内回帰の気持ちが沸いてきました。
ひとつひとつ丁寧に、彫られた像(すべて空海作とのことで)とその役割を見て周り、
入り口で買ったろうそくをどの像に灯そうかといろいろ考えたのですが、
やっぱり基本は弁財天様でしょう(笑)
ということで、ご本尊っぽいその弁才天様の前にろうそくを置かせていただきました。

暗くてじめっとしているのに、とてもすがすがしい気が充満していて、
拝んでいるときはなぜか像たち(とくに弁才天様)が黄金色の光を出している気がしました。

↓中が暗かったので、かなり加工して明るく見せているため、
なんとなく色微妙になってしまいました(汗)
画像


長谷寺に行ったら一番のお勧めですね〜(笑)

では本殿に向かいます。
途中の石段のところにやはり空海の文字が刻まれた石を発見するのですが、
どうも今回もやたらに空海さんに出会うたびになっているようです。
(とくにこの長谷寺なんて完全に行き当たりばったり出来たのに)

本殿↓
画像


本殿に入って、私たちはただもう呆然としてしまいました。
全く知らなかったのですが、ここには木像としては日本一の重要文化財『十一面観世音菩薩』さまがいらっしゃいました。

↓こちらにいらっしゃいます。
http://www.hasedera.or.jp/h2003/invitation/eleven.html

たぶんこの写真を見てもこの威厳は伝わらないと思うのですが、
まず10メートルを越す大きさに圧倒されます。
ただこの前に立つだけでたくさんの慈悲とパワーをいただけました。
パワースポットなどと言うのが申し訳ないくらい厳かな空間でした。
人はいっぱいいましたけどね(笑)

関係ないけど、長谷寺って天武天皇が造っていらしたんですね
天武天皇はとても好きな方のひとりなので、こられてうれしいです(笑)


↓鎌倉江ノ島七福神のひとりの大黒様がいらっしゃる建物
画像



鎌倉七福神の存在はあとから知ったのでこのときは見に行きませんでした。
でも私が鎌倉で行った場所は浄智寺(布袋様)、鶴岡八幡宮(弁天様)、成就院、
この長谷寺(大黒様)、江ノ島神社(弁天様)と全部で5箇所だけなのに、
そのうち4箇所がこの七福神がいらっしゃる場所
だったので、
なんと当たりのいいことか!と感動しました。
しかも恐ろしいことに?順番どおりに行っていました(笑)

なので次回鎌倉に行くときは、七福神めぐりをしようと心に決めましたから。


七福神めぐりについて↓
http://www.kamakura-burabura.com/haiku1kodakamakurahitifukujin.htm


長谷寺もあじさいの名所だったらしく、
あじさいが咲き乱れる庭園まで続く通路(あじさい散策路)は、
考えられないくらいの長蛇の列なので、庭園を見て回るのは断念しました。

全部で2500株くらいのあじさいがあるらしく、
実際かなりの種類のあじさいを見かけました。

ああ、人がいなければじっくり見て回りたかったのですが・・・

お花の精霊さんもあまりの人に疲れているご様子でしたから、
遠くから美しさに感謝してその場を去りました。

ちょっと疲れたので、海光庵なる甘味処でしばし休憩。
↓海光庵さん
http://www.hasedera.jp/kaikoan/index.html

そこから見る海(由比ヶ浜)はきれいでした。
この場所自体は結構パワースポットなので、(お店云々というより)
長谷寺にお越しの際は、ぜひこのお店で一休みされることをお勧めします〜

※ 写真も記事も無断転載禁止。
転載される場合はご一報ください。

↓長谷寺の弁天窟に入りたくなった方はぽちっとお願いします♪
精神世界 ランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉と江ノ島を巡る旅その5〜長谷寺 ぱわーすぽっと in the Earth/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる